最近は本当に種類が豊富で、選ぶ方が大変になってきます。

印鑑イメージ

今は、印鑑の材質もたくさんのいろいろな物がありますよね。
印鑑を購入しようと考えると、いろいろ印鑑について聞いたり調べたりすると思います。

最近は本当に種類が豊富で、選ぶ方が大変になってきます。
印鑑にあまりこだわりを持たない人であれば、安い材質の印鑑でも十分だと思いますよ。

個人と法人でも材質に関しては、若干違うとは思いますが、基本は一緒ですよね。
個人の印鑑では、実印が一番重要な印鑑になります。

法人で言えば、代表印ですね。
どちらの印鑑もとても大切な印鑑です。

個人の実印は、実際持っている人もたくさんいると思います。
となく実印は分かりますよね。全然わからないのは、法人の代表印の方です。

私は、一度も触ったこともないし、実物を見たこともありません。
捺印してあったのは何度かだけですがあります。

今、社会人で働いている人でも見たこと無い人はたくさんいます。
常に出ている印鑑ではありませんからね。

会社が大きくなればなるほど、保管の方もきちんとしないと危ないです。
印鑑の材質で最高級と呼ばれるのは、象牙です。その名の通り象の牙です。

比較的安い印鑑は、柘や楓などでしょうか…。
最近だと、チタンや琥珀といった印鑑の材質もあるみたいです。

一般的には、黒水牛が使われているような気がします。
どんな材質でも大事につかわなければ、壊れたり欠けたりしますから気をつけたいですね。

近い将来、もっと違う印鑑の材質がでるのか楽しみですよね。

ハンコ屋さんが無くなっているのは悲しいですが、ネットでも印鑑は購入できますから、次回からは、ネットでいろいろ検索をしてみたいと思います。

ページの先頭へ